簡単管理!POSレジ会社ランキング

PICK UP SITEはコチラ!!

Home > POSレジサービス情報 > POSレジを導入する時の選び方

POSレジを導入する時の選び方

POSレジ導入するときにははじめに業界や業種に特化したシステムを入れるようにします。
業種に特化したシステムを選ぶことができたらPOSを使って何をするか、飲食店の場合には予約管理や自動売上集計、会計時のスピードアップなど、そして小売店の場合には在庫や売上管理などで、サロンで利用する場合には顧客情報や予約管理、リピート率を向上させるための分析など、店舗にて抱えている問題解決に対処するための機能で選んでいきます。
POSは機種によって幅広い価格の差があります。
欲しい機能をすべて求めると価格が高額となります。
購入しても機能が使いこなせないと意味がありません。
逆に安さを求めて使わない機能ばかりついたPOSレジを購入しても意味がありません。
最近は買い取りだけでなくレンタルPOSの取り扱いもあります。
どんな機能が売上向上のために必要なのかを確認し、予算と照らし合わせて導入を検討していきます。



POSレジを導入する時に利用できる補助金がある

POSレジは導入時に補助金を利用することができます。
補助金は融資と違って返済の必要がなく、ある事業の目的のために給付されるお金です。
融資の場合には使い方の指定がないことがほとんどですが、補助金の場合には予め国や自治体が目的を決めていて目的に合った事業に対して一部または全額費用が補助されます。
給付されるかどうかは申請を行ってから事前や事後に審査が行われて決まります。
補助金は後払いになるため事業の実施後や報告書を提出してから受け取ることができます。
補助金を申請するためには期限があり、助成金と比べると募集期間が短く申請所の作成時間も必要となるため早めに準備をすることがおすすめです。
POSレジ関連の補助金にはIT導入補助金とPOSシステム補助対象サービスがあります。
IT導入補助金は中小企業や小規模事業者がITツールを導入する経費の一部を補助して生産性の向上を図る目的がある補助金です。
POSレジだけでなく生産性を上げる目的のITツール導入に対して利用することができます。
POSシステム補助対象サービスに補助対象となるサービスが決まっています。



POSレジは人材不足の飲食業や小売業におすすすめ

飲食業や小売業では人手不足となっています。
スタッフの確保が運営上必要となりますが、人手不足から人件費が高騰してしまうことから少ない人材でいかに効率良く業務を回すことが必要です。
また新規採用の人材を確保しても研修期間を短く終わらせることが課題となります。
現在掛かっている業務の時間を見直し、無駄な部分を削るためには業務フローの改善が必要となります。
また少ない人数でお店を運営するためにはシステムを上手に使うこと必須となりますが、システムの導入や維持コストが人件費よりもさらに大きく超えてしまっては意味がありません。
一般的な設置型POSレジよりもタブレットPOSを導入する方が導入コストを抑えることができます。
また飲食店ではPOSシステムと連携したオーダーエントリーシステムを導入するとテーブルで注文を受けれPOSレジ側に連動させることができます。
会計の際にレジで伝票の入力業務を省くことができ、金額の入力間違い未然に防ぐことができたり、会計をスムーズに行うことができます。
小売店ではハンディターミナルを使うと商品ごとにバーコード管理ができ、商品の売上や在庫管理、棚卸業務の手間を減らすことができます。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る