簡単管理!POSレジ会社ランキング

PICK UP SITEはコチラ!!

Home > POSレジサービス情報 > POSレジで簡単売上管理

POSレジで簡単売上管理

POSレジというのは、在庫管理システムという在庫管理の機能だけではなく、発注管理や売上管理、 売り上げ分析などいろいろな機能を持っています。POSとは、Point Of Saleの略です。
日本語で言うと販売時点情報管理という意味があります。このPOSシステムは、バーコードリーダーのついたレジとコンピュータから構成されています。例えばコンビニでは、店舗のコンピュータは、コンビニの本部のコンピュータとつながっています。商品のバーコードを読んだ時点で在庫が計算され在庫がなくなると自動で発注データを作ります。
そして本部の物流センターから必要な商品が店舗へ配送されるという大変画期的なシステムです。コンピュータが自動で計算します。
メリットは、商品ごとの在庫、発注管理、売り上げデータが商品ごとに管理できることです。品切れを最小限にしてくれます。また、売れ筋、死に筋の商品の状態も簡単にわかります。

また、全店舗の売れ筋の情報、死に筋の情報が蓄積されて、今後の販売戦略に生かしている点も驚くべき点です。また、飲食店においては、ハンディターミナルと呼ばれる小型端末で「商品名」「注文数」を入力すると、厨房側でそれを把握でき、最終的にその合計をレジで会計できるようになります。
売上だけでなく、このレジの導入によりレジの不正を減らすことが出来ます。社員証をかざさないとキャッシュドロアを開けないような制御や、レジ担当者の操作ログを出力するといった事も可能です。レジの導入によって、外部にいてもお店の状況や時間帯別の売上を把握することができます。
1日の売上目標ではなく、1時間単位の売上目標を設定することで、日々の目標の達成率があがります。迅速な対応や様々なデータの把握・集計、分析により、顧客満足度が向上し、リピーター増加による売上が上がる可能性が高まります。

メリットだけではなく、導入するにあたって初期投資額が高い、デザイン性に乏しいなどのデメリットも挙げられますが、初期投資に関してはPOSレジの導入により人件費削減できること、注文ミスなどの防止などの点を考えると、それ以上のメリットがあります。
最近では低額で販売されています。デザイン性に関しても、最近ではipadなどを利用できるスタイリッシュなものも販売されています。POSシステムは個店などの規模でも手軽に導入できる時代になりました。費用もかなり抑えて簡単に利用することも可能です。

MENU

ページの上部へ戻る