簡単管理!POSレジ会社ランキング

PICK UP SITEはコチラ!!

Home > POSレジサービス情報 > POSレジで売上の管理が簡単になり不正も防げる

POSレジで売上の管理が簡単になり不正も防げる

 POSレジではどんな時間帯にどのような商品を販売したのかというデータを収集する事が可能です。リアルタイムで商品の有無を確認する事も出来ますので、お客様への質問に対しても迅速に答える事が可能となります。過去のデータについても収集をする事が出来ますので、どの時期にどんな商品を販売すればより販売を強化する商品をどれにすれば良いのか参考となります。
他にも、POSレジを使う事で誰がレジを使ったのかについてもログが残るのもメリットです。従業員のレジを打つ際のミスやごまかしによる不正についても事前に防ぐ事が出来ます。さらに商品の金額を事前に設定する事で、スタッフが商品の金額をいちいち覚える必要もありませんし、まだ働き始めたばかりのスタッフもレジ対応をすぐに出来るので教育の時間を削減する事も可能です。複数店舗を経営している場合、売上の管理については大変な作業となりますがPOSレジを導入するだけでも店舗によって売上状況を簡単にチェックする事も可能になります。


データの管理・分析能力が高いPOSレジ

 現在、あらゆるお店は金銭を出し入れする従来のレジから徐々にPOSレジに代わってきています。技術・利便性が向上したのが大きな理由です。注文会計だけでなく在庫の管理や売れ筋の把握をサロンや飲食・小売・サロンなど業種を問わず簡単に行えます。これらの処理は人件費をかけて行われていましたが、POSレジを導入することで手間が省けます。人件費の削減ができるのはお店側にも大きなメリットをもたらします。また、計算間違いが発生せずクレジットカード払いも正確に行ってくれます。導入する際はある程度高額な費用が掛かりますが、長期的に考えると十分大きなメリットになります。最近では、費用を抑えたいお店向けにレンタル販売している業者もあります。まずは1か月ほど試しに使ってみるのも良いでしょう。POSレジは従来のレジのデータも引き継いで利用できるので入れ替えもスムーズです。


POSレジの導入と機能の使いこなし術

 インターネットの浸透によってさまざまな分野が発展する中、現金やカードのやり取りを行うレジも進化を続けています。これまでは電源を入れるのみのシンプルなメカレジが中心でしたが、インターネット回線を活用したPOSレジへのバトンタッチが進行中です。大型スーパーや商業施設はほとんどがPOSレジに移行し、今や常識となっています。お会計時に個別の商品情報が登録され、時間帯から日時・月次まで、さまざまな情報がいつでも閲覧できる仕組みです。個別の売れ数が把握できますので、品切れを発生させない発注とチャンスロス防止、ニーズをキャッチしてサービスやセールにも生かせます。また、廃棄は利益を丸ごと失う重大なロスですが、POSレジのデータは余剰分も把握できるため、過剰在庫の防止策として有効でしょう。このほか、顧客情報や勤怠管理機能のように、レジ以外のデータも取り扱い可能です。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る